【無利息】1ヶ月だけお金を借りる!損する人の5つの特徴とは?

  • 「1ヶ月だけお金を借りると、どんなリスクがあるの?」
  • 「1ヶ月だけお金を借りる時に、お得な方法は?」
  • 「1ヶ月だけでもお金を借りちゃうと、信用が下がったりするの?」

 

1ヶ月だけお金を借りるキャッシングを検討する男性

 

短期間だけお金が必要になることって、少なくありませんよね?

 

ひとまず1ヶ月だけお金を借りる方法があれば利用したい!

 

そんな方も多いのではないでしょうか?

 

どうせなら家族や友達に迷惑をかけずに、誰にも後ろ指をさされることなく1ヶ月だけお金を借りたい…。

 

そんな方には、このページが役立ちます。

 

1ヶ月だけお金を借りるのにお得な方法を解説します!

 

たとえ1ヶ月だけお金を借りる場合でも、知らないと損をしてしまうことが多々あります。

 

知らないことで余計にお金を払うことになったり、危ない業者と知らずに手を出してしまったり…。

 

このページでは、あなたが1ヶ月だけお金を借りるときに安全にかつお得に借りれる方法を解説しています。

 

知らないことで損をしてしった私のようにならないためにも、是非このページをお役立てください。

 

 

【初回の人限定】1ヶ月だけお金を借りるならココ!

 

1ヶ月だけお金を借りる際に、どこでもOKということはありません!

 

1ヶ月だけお金を借りる為にATMから現金を引き出す男性

 

借りるのであれば、利便性だけでなく信頼性や安全性を考慮して、しかるべきところから借り入れするようにしましょう!

 

プロミス

 

公式:プロミスの申し込みをする≫

 

プロミスの看板

 

1ヶ月だけお金を借りる場合でも、大手プロミスは非常に重宝します。

 

初回の方であれば、メアドとウェブ明細の登録で最大30日間の無利息サービスが適用可能となります。

 

1ヶ月借りて利息0円にすることが可能です。

 

しかも、プロミスの無利息サービスは契約日翌日からスタートするのではなく、借り入れ日翌日からのスタートです。

 

つまり、契約してすぐに慌てて借りる必要もなく、事前に借りれる権利を準備しておきたいといった方にも選ばれています。

 

SMBCモビット

 

公式:SMBCモビットの申し込みをする≫

 

無利息サービスはありませんが、人によってはそれを凌ぐメリットが受けられるのがSMBCモビットです。

 

こちらはWEB完結申込サービスを利用すると、在籍確認を電話連絡ではなく書類での審査に切り替えてくれます。

 

在籍確認は、非通知、個人名でかけられますし、用件を第三者に知らせる事はないので基本は会社の人にバレてしまう心配は不要です。

 

しかし、それでも何らかの事情で会社に電話してほしくないといった要望を持つ方には、SMBCモビットのWEB完結サービスが選ばれています。

 

【損するかも】1ヶ月だけお金を借りる時の5つの注意点とは?

 

1ヶ月だけお金を借りるつもりの方にとって、以下のようなパターンは損をしてしまう可能性が高くなります。

 

無利息期間が無いサービスを利用する

 

1ヶ月だけお金を借りるつもりであれば、可能な限り無利息サービスを利用したいものです。

 

1ヶ月だけお金を借りる際に利息0円

 

仮にあなたが、10万円の借り入れをしたとします。

 

1ヶ月だけ10万円を借りる場合の利息は以下の通りです。

 

【利息=借入金額×利息÷365日×借入日数】

 

10万円1ヶ月18.0%で借りる場合:100,000×0.18÷365×30=1,479円

 

1ヶ月だけお金を借りるのであれば、日割りされた利息が30日分発生します。

 

大手のキャッシングサービスであれば、初回の30日間は無利息で借り入れが可能なケースも多くあります。

 

折角のサービスですので、特別な事情がなければ初回無利息サービスを上手に活用しましょう。

 

逆に、知らずに近場のキャッシングサービスに申し込めば、ある意味で損をしてしまうことになります。

 

一時的だからと複数社に申し込みをする

 

1ヶ月だけお金を借りる為に、複数社に申し込みをする方がおられます。

 

確実に借りたいがために、1社目に落ちた場合のことを考えてこその行動なのでしょう。

 

しかし、1ヶ月だけ借りるつもりにしろ、一時的に借りるつもりにしろ、適当な気持ちで申し込むのはお勧めできません。

 

キャッシング会社としては、1ヶ月だけの申し込みであったとしても法律上、あなたの信用情報を参照し、返済能力を調査する義務があります。

 

申し込みを受けた会社は、あなたの個人信用情報を参照しますので、その参照したという履歴も残る形となります。

 

短期間で複数社が一斉にあなたの信用情報を参照していれば、よほどお金に困っているのではないかと判断され、返済能力が低いと判断されてしまいます。

 

 

信用情報機関では、利用者のキャッシング申込記録を約6か月程度保持すると言われています。

 

2社目を申し込むのなら、前回申し込みから6か月以上後に申し込む方が審査通過率は高くなるでしょう。


 

1ヶ月だけお金を借りるだけだからと、軽い気持ちで「念のために」と複数社に申し込むのは、結果的にすべての審査に落ちてしまうリスクが高まります。

 

無利息サービスが受けられたはずの会社に落とされてしまい、結果的に無利息サービスがない会社にしか申し込めないといったケースにもなりかねません。

 

1ヶ月だけお金を借りるだけだからと闇金に手を出す

 

1ヶ月だけお金を闇金に借りて失敗した男性イメージ

 

短期間の借り入れだからと、審査が甘いところから確実に借りよう!

 

そういった考えで、知り合いから紹介されたLINE@でやりとりしてお金を貸してくれるようなサービスに手を出してしまう…。

 

1ヶ月だけお金を借りるだけなら、10万円借りても利息は5,000円で済むよ

 

近頃は、闇金も非常にソフトな感じになってきており、身近な人でも利用しているケースが増えてきています。

 

知り合いが利用しているからと安心して申し込みをしてしまうと、あなたの個人情報はブラックマーケットに出回ることになってしまいます。

 

利息に関しても、最初こそ安く利用できるかもしれませんが、徐々に高額になるケースが多くあります。

 

また、1ヶ月だけお金を借りるつもりが、返済の手続きができなくて返せない…。

 

闇金には、返済させないように一時的に音信不通になったり、返済の時になって利息とは別に手数料として法外な費用を請求してくるケースもあります。

 

貸金業法を遵守している財務局と都道府県からの認可を受けた正規の貸金業者でなければ、どういったトラブルに巻き込まれるか分かりません。

 

闇金と正規の消費者金融の見分け方は以下の通りです。

 

  • 登録業者かどうか検索をしてみる→貸金業者検索ページ
  • 利息が上限20%を超えている
  • 連絡先が携帯番号になっている
  • 広告が電柱やガードレール、SNSで突然届く
  • 審査がない

 

上記のいずれか1つでも該当するのであれば、闇金である可能性が非常に高くなります。

 

借り入れと返済の両方に手数料を払う

 

無利息サービスを上手に活用したとしても、借り入れと返済の方法選びで失敗してしまい、損をするケースが多くあります。

 

手数料が発生するATMキャッシング

 

中には、手数料は絶対にかかるものだと勘違いされている方もおられるようです。

 

実際に、手数料というのは借り入れと返済の都度100円もしくは200円発生します。

 

1回のキャッシングで借入と返済の両方を手数料ありの方法で行ってしまうと、400円プラス税金が発生してしまいます。

 

1回だけならまだしも、知らずに2回3回とキャッシングの回数を繰り返すほどに、支払った手数料の合計金額は1桁増えてしまう結果となります。

 

借り入れと返済方法で、手数料を発生させないためには以下の方法があります。

 

借り入れ手数料0円の方法:

  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 店頭窓口

 

返済手数料0円の方法:

  • 口座振替
  • 自社ATM
  • 店頭窓口
  • インターネット
  • マルチメディア端末

 

借り入れの際には、あなたの銀行口座への振り込みをしてもらうか、もしくはキャッシング会社の自社ATMがあればそちらで引き出すようにしましょう。

 

 

自社ATMからお金を借りる場合には、かならずローンカードが必要となります。


 

返済の際には、上記の5つの方法が手数料0円になります。

 

基本は口座振替を設定し、毎月決まった日に自動で引き落としがされる返済方法となります。

 

しかし、1ヶ月だけお金を借りる場合には、「繰り上げ返済」を行うこととなりますので、口座振替での返済ではなく手動での返済となります。

 

というのも、口座振替では最低支払額での返済が基本となるからです。

 

繰り上げ返済の際に、手数料が発生する方法を選びがちなのです。

 

例えば、コンビニATMから振り込み返済をするケースが非常に多くありますが、コンビニATMは必ず手数料が発生します。

 

そのため、コンビニでの返済を希望される場合には、ファミリーマートのFamiポートとよばれるマルチメディア端末機を利用しましょう。

 

こちらは返済に限り、手数料0円にて利用が可能となっています。

 

Famiポートで1か月だけお金を借りた時の返済をする

 

以前はミニストップやローソンに設置されている「Loppi」とよばれるマルチメディア端末機でも返済が可能なキャッシングサービスが多かったのですが…。

 

現状は、Loppi自体がキャッシングの返済サービスを終了していますので、マルチメディア端末を利用するならファミリーマートまで足を運びましょう。

 

普段使いのファミリーマートだと、キャッシングの事実を知られてしまうというデメリット(?)が生じます。

 

というのも、マルチメディア端末ではレシートが発行されて、それをレジで精算する流れとなります。

 

 

そのレシートには「キャッシング会社名」が結構大きめに記載される傾向にあるため、レジ担当者が知り合いとかだと気まずいかもしれません。

 

その場合には、遠方のファミリーマートまで遠征して返済するようにしましょう。

 

遠征するのに200円以上のお金が発生するのなら、近場のコンビニATMで返済してしまったほうが逆にお得ですね。


 

親や知人に借りれるなら、まずはそちらで

 

最後に、親や知人に貸してもらえるのであれば、まずはそちらに頼った方が良い場合もあります。

 

ただし、この場合には当然ですが「人間関係に傷が入る」可能性がある点には注意が必要です。

 

よく消費者金融からお金を借りると「信用に傷が入る」と心配される方がおられますが、それは誤解です。

 

信用に傷が入るかどうかは、場合によります。

 

同じく、親や知人からの借り入れに関しても、場合によっては信用に傷どころか、関係自体が崩壊してしまうリスクもあることを理解しておくことが大切です。

 

消費者金融を利用してレンタル料としての利息を払って堂々とお金を借りるか、知人や親に頭を下げてお金を貸してもらうか…。

 

快く貸してくれる親や知人がいるのであれば、まずはそちらを利用してお金を借りる方が良いでしょう。

 

1ヶ月だけでもお金を借りると信用に傷がつくのか?

 

これまで消費者金融からのキャッシング履歴が無い方にとっては、一度でも借りてしまうと悪い変化が起きるのではないか…。

 

1ヶ月だけお金を借りるかどうか迷う男性

 

そんな心配をされている方も多いことでしょう。

 

「信用情報に記録が残るのは、何となく嫌だなぁ」

 

キャッシング未経験の時の私も、そんな印象がありキャッシングを出来ずにいた時期がありました。

 

ただ、私の場合もそうでしたが、すでに信用情報に記録が残っている人が多数ではないでしょうか?

 

 

クレジットカードを持っていたり、スマホを分割で購入していたり、そういった場合でも信用情報には記録が残っています。

 

ある程度の社会人経験がある方であれば、信用情報に記録があるのは珍しくありません。


 

個人信用情報とは?

 

個人信用情報とは、主に以下の3機関によって保持されている個人の金融取引履歴となります。

 

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

 

情報の開示に関しては、本人もしくは代理人、あとは加盟会員である金融機関のみが情報開示が可能となっています。

 

誰でも自由に参照できるものではなく、情報は厳重に保管されています。

 

ご自身の情報が今現在どうなっているのか?

 

約1,000円の手数料を支払えば、本人確認書類をもって情報を「インターネット開示」することも可能です。

 

信用情報に傷がつく理由とは?

 

信用にヒビが入る

 

一般的に言われる「ブラックリスト」というものは存在せず、異動情報(事故情報)が記載される形で保持されます。

 

ここでいう異動情報というのは、以下のような取引履歴がある場合に情報が記載されます。

 

  • 延滞
  • 債務整理
  • 強制解約
  • 代位弁済
  • 自己破産

 

通常、こういった情報は信用情報機関によって違いがありますが、5年〜10年間保持され続けます。

 

つまり、これらの異動情報が記録されると、その後最大で10年間は新規のクレジットカードやローン関係の契約が出来なくなってしまいます。

 

ただし、例えば1ヶ月だけお金を借りる場合などに残される「申込記録」に関しては6か月、「利用記録」は5年以内となっています。

 

しかも、これらの異動情報以外の申し込み記録や利用記録といった情報に関しては、以後の信用取引に対して悪影響を及ぼすことは基本的にありません。

 

考えられることの一例としては、住宅ローンを組む際などに既に解約済みかどうかをチェックされたりすることはありえるよう。

 

しかし、借りて返済を滞ることなく利用したという履歴に関して、マイナス評価を受けたり制限を受けたりすることは基本的に考えられません。

 

1ヶ月だけお金を借りるつもりの方の中には、これから始めてキャッシングを利用しようと考えられている方も多いことでしょう。

 

一度でも消費者金融から借りるとヤバイのではないか?

 

上述通り、すでに記録が残っている方も多数おられるのが現状ですし、過度の心配は不要です。

 

借りる必要が無い分のお金を無理に借りることは控えるべきですが、どうしても必要なお金を用立てたいのであれば大手のキャッシングは非常に便利です。

 

1ヶ月だけお金を借りると信用されなくなるのか?

 

1ヶ月だけお金を借りると、信用情報に傷がつくといったことはないことをご説明しました。

 

信用されなくなるのではないかと、漠然とした不安を抱えながらキャッシングをためらっている方も多いことでしょう。

 

信用情報に関しては、本人か代理人、もしくは加盟会員である金融機関のみが参照可能な情報となっています。

 

会社の戸籍簿謄本のように誰でも請求して閲覧できる情報ではなく、個人情報として保護されています。

 

以前の私は、転職活動に悪影響が出たりしないのかと心配したこともありましたが…。

 

借りに転職先が金融機関だったとしても、本人の同意なしでは参照することが出来ない情報となっていますので、余計な心配は不要でしょう。

 

まとめ

 

1ヶ月だけお金を借りるまとめ

 

1ヶ月だけお金を借りるために、知っておくと便利な情報を解説してきました。

 

無利息サービスを利用し、手数料0円での借り入れ返済を行う方法。

 

信用情報の基礎知識と、その扱い方や考え方についても解説させていただきました。

 

もしもあなたが、1ヶ月だけお金を借りるつもりなのであれば、ぜひ無利息サービスがある大手のキャッシング会社から検討してみて下さい。

 

今なら無利息サービス提供中です!

 

このページの先頭へ戻る